24-Twenty-Four-《NEWS ALERT》

偏向しているマスコミ報道の背後を、科学的な根拠を追求しながら、ジャック・バウワー捜査官のように深く鋭く掘り下げていきます。

カテゴリ:新型コロナウイルス感染症 > 科学的事実

➡ 英国は、ロックダウンを解除したにもかかわらず、感染者が減り続けています。でも、どこも報道しないね。日本もそろそろ「人流教」から卒業したら?も参考になります。➡ イスラエルや英国において、ワクチン接種者が再感染している事情について、勉強しておこう!も参 ... もっと読む

➡ イスラエルで衝撃的な結果! 自然にコロナに罹った人(ワクチン未接種)の方がワクチン接種者よりも免疫が強かった! いずれも罹患率は低いが 0.0086% vs 0.0578% で6.7倍の差がある。も参考になります。➡ シンガポールが「back to normal」に大きく舵を切りました ... もっと読む

➡ 鹿先生が「ちゃんと免疫のメカニズムを報道しろ!」とマスコミに対して怒っています!も参考になります。➡ 当局資料や医学知識を分析して、分かりやすく解説している医師もいるのに、こういうタイプの人はテレビには出てきません。煽り系の医師ばかり。に参考になりま ... もっと読む

➡「はたらく細胞」の新型コロナウイルス編がタダで読めます。お得感あります。アニメは NETFLIX で最初から観ると勉強になります。も参考になります。➡ コロナ問題やワクチン問題を、科学的・体系的に理解したい方は、「科学的事実①:はじめに」から「新型コロナウイルス ... もっと読む

➡ ジョン・ホプキンス大学の教授が「パンデミックは終わった。私たちには自然免疫がある。ノーマルに戻ろう!」と呼び掛けています。も参考になります。➡ 当局資料や医学知識を分析して、分かりやすく解説している医師もいるのに、こういうタイプの人はテレビには出てき ... もっと読む

Ninety-third SAGE meeting on COVID-19, 7 July 20219. There are four major risks associated with high numbers of infections. These are an increase in hospitalisations and deaths, more ‘Long-COVID’; workforce absences (including in the NHS); and the incre ... もっと読む

➡ デルタ株の発生で、若年層の重症化は本当に悪くなっているのか? そうでもないみたいよ・・・。も参考になります。➡ デルタ株の次はラムダ株ですか? Dr. Geert Vanden Bossche が提起した問題(ワクチン接種が変異株を増やす)の真偽を検証したほうがいいのでは?も ... もっと読む

CDC grossly exaggerating outdoor transmission rate: COVID-19 expertsMay 11, 2021(New York Post)The CDC is greatly exaggerating the risk of COVID-19 transmission outdoors, claiming there is a roughly 10 percent chance — when in reality the figure is les ... もっと読む

Outdoor transmission accounts for 0.1% of State’s Covid-19 casesJust 262 cases traced to outdoor activities since pandemic began, official figures revealMon, Apr 5, 2021(The Irish Times)  Just one confirmed case of Covid-19 in every thousand is trace ... もっと読む

➡ マスコミには、AI や RPA の有効性を声高に語る「専門家?」が大勢いますが、だいたいは、AI や RPA を売りたい人の代理人。何だかPCA検査やコロナワクチンと同じ匂いがしますね。も参考になります。➡ 軽々しく省力化投資とかIT投資などを唱えるエコノミストは実際の経 ... もっと読む

➡ 少なからぬ方が疑問視していましたが、PCR検査によるスクリーニングは「科学的に意味がない」という調査結果が示されました。PCRで全数検査すべきと主張していた人たちはどうするの?も参考になります。➡ 無症状者へのPCR検査実施を正当化できるのは、これらにおける指 ... もっと読む

➡ 孤高の碩学として自説を主張し続ける井上正康先生。異端扱いが王道として認知される日は来るのでしょうか? 食わず嫌いをせずに一度真剣に視聴した上で真偽をご判断下さい。も参考になります。➡ コロナ問題やワクチン問題を、科学的・体系的に理解したい方は、「科学的 ... もっと読む

➡ メッセンジャーRNAの技術を開発したロバート・マローン博士がスパイクタンパクのリスクについて言及しています。ガセネタであることを祈ります。も参考になります。➡ mRNA技術を開発した科学者にインタビューした動画が削除された。「現状ではmRNAワクチンのリスクベネ ... もっと読む

➡ ワクチン研究で有名な米国ソーク研究所は、コロナワクチンの mRNA が産生するスパイクタンパクが血栓を育成し、健康に害を及ぼす可能性を指摘しました。も参考になります。➡ メッセンジャーRNAの技術を開発したロバート・マローン博士がスパイクタンパクのリスクについ ... もっと読む

インタビュー全体は、https://www.theepochtimes.com/dr-robert-malone-mrna-vaccine-inventor-on-the-bioethics-of-experimental-vaccines-and-the-ultimate-gaslighting_3889805.html?&utm_medium=AmericanThoughtLeaders&utm_source=YouTube&utm_campaign=ATL-Malone&utm_ ... もっと読む

➡ 厚労省の委員会で、薬害の専門家がワクチンに対して重大な警告を発しました。河野大臣は反論できるか? それにしても事務局の回答はグダグダで、人の命を預かっている真剣さがない。も参考になります。 ➡ ファイザーからおカネもらってたら、ワクチンの悪いことは言 ... もっと読む

イベルメクチンの認可に関して、一番の障害は、コロナワクチンです。というのも、厚生労働省は、コロナワクチンを承認する際に、「特例承認」という枠組みを用いており、「当該医薬品の使用以外に適切な方法がない」という条件の下で認められているに過ぎないものであるため ... もっと読む

 ➡ メッセンジャーRNAの技術を開発したロバート・マローン博士がスパイクタンパクのリスクについて言及しています。ガセネタであることを祈ります。も参考になります。➡ ワクチン研究で有名な米国ソーク研究所は、コロナワクチンの mRNA が産生するスパイクタンパクが血 ... もっと読む

➡ ワクチン研究で有名な米国ソーク研究所は、コロナワクチンの mRNA が産生するスパイクタンパクが血栓を育成し、健康に害を及ぼす可能性を指摘しました。も参考になります。➡ メッセンジャーRNAの技術を開発したロバート・マローン博士がスパイクタンパクのリスクについ ... もっと読む

「DNAからRNAに転写されるという一方向しかあり得ず、RNAからDNAに逆転写されることはない」というセントラルドグマは、1970年に逆転写酵素が発見され、逆転写が立証されたことにより、すでに覆されています。実際、新型コロナウイルスと言われているRNAの遺伝子をPCR検査で ... もっと読む

↑このページのトップヘ