24-Twenty-Four-《特別編》

国際的なニュースの裏側を、ジャック・バウワーのように掘り下げていきます。

カテゴリ: ジョー・バイデン物語

(ジャック・バウワーが生涯を賭けて戦い続けてきたテロリズムの世界で、大物として恐れられてきた悪党は、例外なくインフォデミックに長けていた。情報操作で大衆の行動を有効に操る術をわきまえている。その中でも、人々は「恐怖」によって、行動を左右されるという方程式 ... もっと読む

じつは、ロックダウン解除後の武漢で、全市民1000万人に対して行われた「新型コロナウイルス感染症の調査結果(Post-lockdown SARS-CoV-2 nucleic acid screening in nearly ten million residents of Wuhan, China)」によると、症状のない人が他者に感染させたことがないこ ... もっと読む

(明るい水色のセーターを着こんだクロエ・オブライエンの顔は、連日の情報収集と分析で疲れが見えていたが、ジャック・バウワーが身を乗り出してきたので、一気に明るさを取り戻した。クロエは、ここぞとばかりに一気に捲し上げる・・・。)それでね、「どうも怪しい」と思 ... もっと読む

(ジャック・バウワーの監視下から逃れたジョー・バイデンは、毎日のように表舞台で活躍し、報道されるようになった。予想通り、グリーンヴィル宅で護衛官が狙撃された事件や、装甲車の襲撃や軍用ヘリの墜落というニュースは一切流れていない。バラク・オバマによって完成さ ... もっと読む

(前方に、ワシントンD.C.の市街地が見えてきた・・・。この市街地における建物群は低く広がっており、「アメリカ独立宣言」を起草した第3代大統領であったトーマス・ジェファーソンの願いを反映している。ジェファーソンは、低層で便利な建物と明るく風通しのよい街路を備え ... もっと読む

↑このページのトップヘ