第3版  2021.5.24

 

 

「新型コロナウイルス感染症」に関する科学的事実

―― 「緊急事態宣言」の発令や延長に科学的根拠はあるのか? ――

3.副反応に関して露見した事実

l  そもそも、新型コロナウイルス感染症によって死亡したとして報道されている人数は、PCR検査で陽性だったことのある死者の数に過ぎません。仮に、そのうち1割だけが新型コロナウイルス感染症が死因の人だったとすれば、日本における死亡率は0.0005%(=年間6000人×10÷12000万人)であり、年間20万人に1にすぎないことになります。一方、新型コロナワクチンを接種した278万人(2021.5.2時点)【資料26】のうち38人が2ヶ月の間に死亡している(2021.5.2時点)【資料25】ので、年間死亡率は0.0082%であり、1.2万人のうち1が亡くなっている計算になります

Ø  ECMOnet【資料40】によれば、人工呼吸器やECMO(人工心肺)を使用した新型コロナウイルス感染症の患者の中で亡くなった方は、906例にすぎません(2021.5.11時点)。このECMOnetは、日本の病院の8割をカバーしているので、新型コロナウイルス感染症で死んだ人が1,132人前後であったと推測されます。同時期(2021.5.12時点)において、「新型コロナウイルス感染症による死者」は10,931人とされていますが、じつは、そのうちの9割程度は、新型コロナウイルス感染症以外の死因であったと推察されます(岐阜大学抗酸化研究部門【資料41】)。

Ø  「コロナ死」に関する米国(2020.9.24Forbes【資料42】)やドイツ(2021.3.5:現代ビジネス【資料43】)の分析でも、新型コロナウイルス感染症だけで死んだ患者はほとんどいないことがわかっています。

l  具体的な事例で言うと、2021426日~52日の間に、ワクチンを接種した40代の女性3人が立て続けに死亡しています(現時点では「関係性不明」という判定)が、新型コロナウイルス感染症で死んだ40代女性は、20202月~20214月の間で19しかいませんPCR検査で陽性になっただけの場合を含む)【資料44】。また、202131日~425日という短い期間中に、ワクチンの接種後、クモ膜下出血によって死亡した女性が3人も出ました(各人とも接種してから34日後)。しかしながら、クモ膜下出血は、年間で100万人あたり10人~20人が発症し、そのうち5人~10人が死亡するという極めて頻度が低い症例であり、確率的に見て、これらの3人の症例が自然に発生したと考えることは極めて難しいと指摘する医学関係者もいます(岐阜大学抗酸化研究部門【資料45】)。

Ø  ところが、死亡例については、すべてが「γ(情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの)」として評価されており、前以て喧伝されていた予防接種健康被害救済制度による補償の対象にはなっていません。したがって、ワクチンを接種して4日後にクモ膜下出血で死亡した26歳の女性(健康体・既往症なし)は補償されません。

Ø  補償が実行されるためには、「健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定する」ことが必要なのですが、そのためには、審査会において因果関係が認められる必要があり、そのためには、ワクチンを接種する直前と比較する医学的なデータとして、CT(特に頭部)や心電図・血液検査が必要です。ほとんどの接種者の場合、そういう準備はしていないと思われます【資料46】。

l  新型コロナワクチンのリスクについては、医療従事者の中にも危惧を抱いている人たちが少なくありません。実際、医療従事者に対する新型コロナワクチンの接種は20212月から先行して始まっていますが、同年514日に至っても2回接種を終えた完了率は35%に留まっています(2021.5.18:日本経済新聞【資料47】)。東京都や神奈川県に至っては完了率が28%にすぎないほか、ワクチン接種を拒否した看護士が退職を迫られて、労働問題に発展しているケースが少なくない(2021.5.14:神戸新聞【資料48】)など、ワクチン接種を持て囃すマスコミ報道とは異なり、医療現場では新型コロナワクチンに対する抵抗感がかなりあるようです。

Ø  米国においても、事情は同様のようで、「ヒューストンのユナイテッド・メモリアル・メディカル・センターの看護師の半数以上がワクチンを接種しない」「カリフォルニア州リバーサイドの病院と郡の職員たちの50%がワクチンを拒否した」「カリフォルニア州テハマ郡のセント・エリザベス・コミュニティ病院でも、ワクチン接種を希望する職員は全体の半数以下」「シカゴのロレット病院職員の40%がワクチンを接種しないと回答した」「カイザーファミリー財団のアンケートによると、医療従事者の29%がワクチンを受けることをためらっている」などと報道されています(2021.1.4Forbes【資料49】)。

l  日本政府もこのような実態を全く知らぬはずはなく、ワクチン担当の河野太郎大臣は、「ワクチン休暇の取得」を経済界に働きかけたりしていますが、要するに「副反応」が無視できないくらいに大きいという事実を知っているのだろうと推察できます(2021.3.15NHK【資料50】)。実際、厚生労働省が開示している「健康観察日誌集計の中間報告」【資料27】を観ると、37.5度以上の発熱が20%、日常生活に支障がある「高度」の疲労が10%、同様に「高度」の頭痛が5%程度発生していることを確認することができます。

Ø  米国では、メジャーリーガーの筒香選手が新型コロナウイルスのワクチン接種による副反応で負傷者リスト入りするなど、接種後に体調不良で戦線離脱する選手が相次いでいます。接種部位の痛みを「ボクサーに殴られたような打撲痛だ」と表現した陸上選手や、「ワクチンを接種するぐらいなら、東京五輪を欠場した方がまし」と発言したメダリストがいたりします(2021.5.1:日刊ゲンダイ【資料51】)。実際、米大リーグの歴代2位の通算755本塁打を記録したハンクアーロン(86歳)は、ワクチン接種を米国民に呼びかけるために、メディアを前に元気に接種を受けたのですが、その17日後に死亡したという事実があります【資料52】。

l  いずれにせよ、日本では、毎年、ほぼ140万人が死亡しているため、計算上は、毎日4,000人弱が亡くなる状態にあるわけです。昨年は、これらの死者がPCR陽性になった場合に「コロナ死」と換算されたため大騒ぎになりましたが、今後については、ワクチン接種後に亡くなる人が増えると見込まれるので、「ワクチン死」が問題になってくることが避けられません。

Ø  ちなみに、厚生労働省の「インフルエンザワクチンの副反応疑い報告状況について」【資料19】によれば、インフルエンザのワクチン接種に因る死亡率は、0.0000057%(1750万人に1人)にすぎません。本来であれば、0.005%(2万人に1人)でも極めて多いという話になります。

Ø  すでに、福井新聞が、「コロナワクチン接種後に女性死亡」(2021.5.20【資料53】)という記事で、「現時点で接種との因果関係は不明だが、県内で新型コロナワクチンの高齢者への接種が始まって以降、副反応の可能性もある死亡例は初めてとみられる」と報じるなど、深刻な「副反応」が発生しているという事実を隠し切ることは難しくなっています。

前へ ➡ 新型コロナに関する科学的事実⑥:副反応に関するネガティブ情報
次へ ➡ 新型コロナに関する科学的事実⑧:大幅なマイナスを示す「超過死亡」

➡ 厚労省の委員会で、薬害の専門家がワクチンに対して重大な警告を発しました。河野大臣は反論できるか? それにしても事務局の回答はグダグダで、人の命を預かっている真剣さがない。も参考になります。 

➡ ファイザーからおカネもらってたら、ワクチンの悪いことは言えないよね。ワクチン接種後の死者が2021年の半年だけで、1990~2020年の30年分の死者数を超えている理由を解説してほしい!も参考になります。

➡ コロナ問題やワクチン問題を、科学的・体系的に理解したい方は、「科学的事実①:はじめに」から「新型コロナウイルス感染症に関する科学的事実(第三版:2021.5.24)」をお読みください。

【資料40ECMOnet
・日本COVID-19対策ECMOnet COVID-19 重症患者状況の集計
https://crisis.ecmonet.jp/

【資料41】岐阜大学抗酸化研究部門(2021.5.13
・日本での新型コロナ死亡者数の実態〜ECMOnetデータから読み解く〜
https://www.youtube.com/watch?v=XeFAAir93Ro&t=625s

【資料42Forbes2020.9.24
・「コロナだけが原因の死者は6%」が浮き彫りにした、米国民の健康事情
https://forbesjapan.com/articles/detail/37186/1/1/1

【資料43】現代ビジネス(2021.3.5
・コロナ関連死亡者を解剖して分かった、コロナと死「本当の因果関係」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80853

【資料44JPSikaHunter2021.5.12
512日ワクチン死亡報告
https://www.youtube.com/watch?v=pXnrVXzJMxE

【資料45】岐阜大学抗酸化研究部門(2021.5.18
・アメリカでの新型コロナワクチン副反応の実態
https://www.youtube.com/watch?v=CxuxRO4Y3wY

【資料46】加齢ストップチャンネル(2021.4.27
・もし、ワクチンを打つならば『この3つ』は絶対にすべき!
https://www.youtube.com/watch?v=bPvj5knwhn4

【資料47】日本経済新聞(2021.5.18
・医療従事者接種、司令塔不在で35%どまり 都市圏低調
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC184720Y1A510C2000000/

【資料48】神戸新聞(2021.5.14
・「ワクチン打つよう強制」看護師が断ると、病院は退職届へのサイン迫る
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202105/0014327025.shtml

【資料49Forbes2021.1.4
・米国の医療労働者の50%以上が「ワクチン拒否」の衝撃データ
https://forbesjapan.com/articles/detail/39062?fbclid=IwAR2JPbWgWxYo1OOQSiAMWd5nCIkTdf2t7wL7c-qfG_luKVAVIV7dn0e4guQ

【資料50】日本経済新聞(2021.3.15
・「ワクチン休暇」取得を 経済界に働きかけへ 河野規制改革相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210315/k10012915421000.html

【資料51】日刊ゲンダイ(2021.5.1           
・アスリートがワクチンでボロボロに!副反応で体調不良選手が続出
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac74e7b3948c8a121466f4904509879d80332a8b?fbclid=IwAR0muWwHqowK-Niutq9dWqnQvARTfJ-fTWSLYlAws95GTgOnek_Hgo72eM0

【資料52】日刊スポーツ(2021.1.23         
・死去のアーロン氏、1月5日にコロナワクチン接種
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202101230000196.html

【資料53】福井新聞(2021.5.20
・コロナワクチン接種後に女性死亡 福井県内「帰宅後に意識を失った」と通報 
 https://news.yahoo.co.jp/articles/f6d49147c36cf777c5d028a190c1dca362397d85