第3版  2021.5.24

 

「新型コロナウイルス感染症」に関する科学的事実

―― 「緊急事態宣言」の発令や延長に科学的根拠はあるのか? ――

第Ⅰ章 新型コロナワクチンによる副反応 

l  まずは、厚生労働省が「予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で」と指摘しているわけですから、手始めとして、本章では、新型コロナワクチンに関する「副反応のリスク」に関する科学的事実を確認することにします。

1.新型コロナワクチンによる副反応

l  新型コロナワクチンの「副反応」について、厚生労働省は、「新型コロナウイルスワクチンの副反応の収集・評価について」(2020.12.25【資料5】)という文献において触れており、ファイザー製の新型コロナワクチンに関しては、「重大な安全性の懸念は認められず、グレード3の有害事象で頻度が2%を超えるものは、疲労3.8%と頭痛2.0%のみであったp17)」と説明してきました(ただし、「グレード3」に関する詳細な説明はありません)。

Ø  「新型コロナウイルスワクチンの副反応の収集・評価について」【資料5】は、「詳細は、副反応に関する審議会資料をご覧ください」として、「Q&A」【資料3】からアクセスできるようになっていた中核となる説明書だったのですが、「ワクチンの接種後に副反応が生じることがあり、副反応をなくすことは困難である」「比較的軽度だが頻度が高い副反応や、重篤だが極めてまれな副反応が含まれる」など、国民が知りたい肝心の「副反応のリスク」については、ボヤかした書き方に終始していました。

Ø  ただし、注意深く読み進むと、「説明した」というアリバイを作るために、「(参考)ファイザーmRNAワクチンの有害事象発言状況」(p19p21)に、「N Engl J Med.2020 Dec 10:10.1056/NEJMoa2034577」という原典を示したうえで、極めて分かりにくいグラフの羅列でリスクを表示しています。また、「重篤でない全身性の有害事象(倦怠感、不快感、筋肉痛、頭痛等)が高頻度(数十%以上)で発現」(p23)とも書いてありました。

l  その一方、厚生労働省が「新型コロナウイルスワクチンの副反応の収集・評価について」【資料5】を作成した日の2週間前に公表されたCDCCenters for Disease Control and Prevention:米国疾病対策予防センター)の「Local Reactions, Systemic Reactions, Adverse Events, and Serious Adverse Events: Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine」(2020.12.13【資料6】)においては、「副反応のリスク」についても極めて分かりやすく説明しており、下記の結果(Table3)をハッキリと表示しています。

Ø  Table3:ワクチン2回接種の場合(1855歳)
―― 38度以上の発熱:15.8(ワクチン非接種:0.5%)
――「重度」の疲 労:4.6(同:0.7%)
――「重度」の頭 痛:3.2(同:0.7%)
――「重度」の悪 寒:2.1(同:0.0%)
――「重度」の筋肉痛:2.2(同:0.1%)
――「重度」の関節痛:1.0(同:0.2%)

(注)Table3における「重度(severe)」とは、「日常生活に支障をきたすこと(prevents daily activity」を意味します。

l  また、「Anaphylaxis Following m-RNA COVID-19 Vaccine Receiptp6)」(2020.12.19【資料7】)は、「新型コロナウイルスワクチンの副反応の収集・評価について」【資料5】の1週間前にCDCが行ったプレゼンテーションの資料ですが、Health Impact Events」に罹患したワクチン接種者が2.8(=3,150人÷112,807人)であったことを公表しています。

Ø  CDCは、「Health Impact Events」を、「普通の日常生活が送れず、仕事も出来ず、医師や専門家のケアが必要な状態unable to perform normal daily activities, unable to work, required care from doctor or health care professional」と定義しています。

l  なお、「COVID-19 vaccine safety update」(2021.1.27【資料8】)は、米国でファイザー製の新型コロナワクチンを接種した後に「生命にかかわる重篤な症状(Serious Adverse Events」に陥った人が588人存在していることを明らかにしており、ワクチン接種者の人数(2回接種:34,148人)で計算すると、1.7という数値が算出されます。

Ø  CDCは、「Serious Adverse Events」を、「死亡、致命的な病気、長期入院、治癒不能な不具合、先天性の異常や欠損症death, life-threatening illness, hospitalization or prolongation of hospitalization, permanent disability, congenital anomaly or birth defect」と定義しています。

l  この間、英国では、「Coronavirus Vaccine - summary of Yellow Card reporting」(2021.2.8【資料9】)が明らかにしているように、約50万人がファイザー製の新型コロナワクチンを接種(2回)しています。その間に、副反応(ADRs)が報告された人は16,756人(COVID-19 mRNA Pfizer- BioNTech vaccine analysis print2021.2.12【資料10】)ですから、比率を試算すると3.4%となり、概ね米国と同レベルだということが分かります。

Ø  英国では、「The Yellow Card scheme」がワクチンの副反応に関する情報を収集しており、症状の真因を問わず、疑いのある場合は報告することが奨励されています(We ask for any suspicions to be reported, even if the reporter isn’t sure if it was caused by the vaccine. Reports to the scheme are known as suspected adverse reactions (ADRs))。

前へ ➡ 新型コロナに関する科学的事実①:はじめに
次へ ➡ 新形コロナに関する科学的事実③:副反応に関する当初の当局説明

➡ 
ワクチン研究で有名な米国ソーク研究所は、コロナワクチンの mRNA が産生するスパイクタンパクが血栓を育成し、健康に害を及ぼす可能性を指摘しました。も参考になります。

➡ メッセンジャーRNAの技術を開発したロバート・マローン博士がスパイクタンパクのリスクについて言及しています。ガセネタであることを祈ります。も参考になります。

【資料3】
・厚生労働省のQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html

【資料5】厚生労働省(2020.12.25
・新型コロナウイルスワクチンの副反応の収集・評価について
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000710377.pdf

【資料6】CDC2020.12.13
Local Reactions, Systemic Reactions, Adverse Events, and Serious Adverse Events: Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine
https://www.cdc.gov/vaccines/covid-19/info-by-product/pfizer/reactogenicity.html

【資料7】CDC2020.12.19
Anaphylaxis Following m-RNA COVID-19 Vaccine Receipt
https://www.cdc.gov/vaccines/acip/meetings/downloads/slides-2020-12/slides-12-19/05-COVID-CLARK.pdf

【資料8】CDC2021.1.27
COVID-19 vaccine safety update
https://www.cdc.gov/vaccines/acip/meetings/downloads/slides-2021-01/06-COVID-Shimabukuro.pdf

【資料9】英国政府(2021.2.8
Coronavirus Vaccine - summary of Yellow Card reporting
https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/962432/Coronavirus_vaccine_-_summary_of_Yellow_Card_reporting.pdf

【資料10】英国政府(2021.2.12
COVID-19 mRNA Pfizer- BioNTech vaccine analysis print
https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/962405/COVID-19_mRNA_Pfizer-_BioNTech_Vaccine_Analysis_Print.pdf