イスラエルは、これまで何度も確認されてきた国際合意を無視し踏みにじって、パレスチナ人の人権を蹂躙してきた。それは、誰も否定できない「歴史的な事実」である。だからこそ、毎年、国連において、イスラエルを批判する決議が圧倒的多数で支持されてきたのであろう(毎回、米国とイスラエルは反対、ウクライナは棄権している)。

もっとも、私は「心情的なパレスチナ支持者」ではない。パレスチナ人の人権よりも「日本の国益が大事」だと考える「非人道的」な立場だ。私の「正義」は「人権」ではなく「日本」である。そのためには「正義」を語る前に、「事実」を踏まえて情勢を「分析」した上で、「日本の国益」に照らし合わせた上で「主張」することを旨としている。だから「熱烈パレスチナ支持の TBS」とはまったく違う。

昔の言論人には、上記のスタンスで時事問題を語ってくれる「大人」が多かった。感情的で短絡的な「正義論」に走りがちな若造たちを嗜めながら、「世の中はそんなに単純じゃないんだよ」と深い解説をしてくれる先達がいたような気がする。なぜ、いまはいなくなったんだろう。いるけれど、野に潜んでいるだけだと思いたい。



【読む・観る・理解を深める】
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識①】イスラエルがハマスを産み出した。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識②】イスラエルの強硬派は「One State」を追求し続ける。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識③】イスラエルは、ガザの人々を Human Animal と呼ぶ。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識④】民族浄化(ethnic cleansing)と批判されても仕方ない。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識⑤】ヨルダン国王は「Palestinian lives matter!」と訴えた。
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦①】ハマスによる「赤ん坊首切り事件」はフェイク?!
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦②】病院の爆破はイスラエルによるものだ!?
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦③】病院への爆撃はイスラエルのものであった!!
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦④】イスラエルはWESTを味方に付け、嘘を垂れ流す。
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦⑤】イスラエルは、国際世論における支持を失った。
【メディアに騙されないための基礎知識①】戦争を起こすのはいつもメディアである
【メディアに騙されないための基礎知識②】嘘の「ナイラ証言」は戦争を正当化した
【メディアに騙されないための基礎知識③】戦争プロパガンダには10の法則がある
【メディアに騙されないための基礎知識④】ウクライナ戦争に関するプロパガンダ
【メディアに騙されないための基礎知識⑤】ロシアも中国も米国も欧州も嘘だらけ