元米海兵隊で、各国における CIA の世論操作の実態に詳しい Brian Berletic が「ガザ病院への爆撃」に関して詳細に解説しています。

本件に関しては、「イスラエルの爆撃によって 500人が殺された」とするハマスの公表内容に対し「イスラエルによるものではありえない」と指摘した論文(Austlarian Strategic Policy Institute)が根拠となって、それ以降の国際世論(WEST に限る)に大きな影響をもたらしましたが、その論文が根拠薄弱であることを赤裸々にしています。

Brian Berletic は、ハマスやイスラム聖戦団によるものであるという可能性は排除できないとしつつも、「病院爆撃はイスラエルによるものであったという主張は否定できない。また、仮に、イスラエルによるものでなかったとしても、イスラエル空軍によるガザ地域の絨毯爆撃や病院や病院近辺を狙った砲撃(イスラエル当局も事実として認めている)は War Crime であり、非難を免れない」と指摘しています。



【読む・観る・理解を深める】
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識①】イスラエルがハマスを産み出した。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識②】イスラエルは、ガザの人々を Human Animal と呼ぶ。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識③】民族浄化(ethnic cleansing)と批判されても仕方ない。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識④】ヨルダン国王は「Palestinian lives matter!」と訴えた。
【イスラエル・ハマス紛争の基礎知識⑤】イスラエルはグテーレス国連事務総長の辞任を要求。
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦①】ハマスによる「赤ん坊首切り事件」はフェイク?!
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦②】病院の爆破はイスラエルによるものだ!?
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦③】病院への爆撃はイスラエルのものであった!!
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦④】イスラエルはWESTを味方に付け、嘘を垂れ流す。
【イスラエル・ハマス紛争における情報戦⑤】イスラエルは、国際世論における支持を失った。
【メディアに騙されないための基礎知識①】戦争を起こすのはいつもメディアである
【メディアに騙されないための基礎知識②】嘘の「ナイラ証言」は戦争を正当化した
【メディアに騙されないための基礎知識③】戦争プロパガンダには10の法則がある
【メディアに騙されないための基礎知識④】ウクライナ戦争に関するプロパガンダ
【メディアに騙されないための基礎知識⑤】ロシアも中国も米国も欧州も嘘だらけ