24-TwentyFour-《NEWS24》

偏向しているマスコミ報道の背後を、科学的な根拠を追求しながら、ジャック・バウワー捜査官のように深く鋭く掘り下げていきます。

2023年01月

【読む・観る・理解を深める】➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点①】プーチンはなぜ侵攻に踏み切ったのか?➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点②】米国の思惑とウクライナの実情を知る➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点③】ウクライナに駐在した元NATO将校 ... もっと読む

【読む・観る・理解を深める】➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点①】プーチンはなぜ侵攻に踏み切ったのか?➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点②】米国の思惑とウクライナの実情を知る➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点③】ウクライナに駐在した元NATO将校 ... もっと読む

【読む・観る・理解を深める】➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点①】 プーチンが仕掛ける「SWIFT 2.0」➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点②】プーチンが仕掛ける「ルーブル金本位制」➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点③】「unipolar」vs「multipola ... もっと読む

【読む・観る・理解を深める】➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点①】 プーチンが仕掛ける「SWIFT 2.0」➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点②】プーチンが仕掛ける「ルーブル金本位制」➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点③】「unipolar」vs「multipola ... もっと読む

【読む・観る・理解を深める】➡【mRNAワクチンに関する最低限の科学知識①】行政評価監視委員会の薬害専門家は警告していた➡【mRNAワクチンに関する最低限の科学知識②】mRNAワクチンが産生するスパイクは毒性がある➡【mRNAワクチンに関する最低限の科学知識③】mRNAワク ... もっと読む

Brian Berletic:戦局が定まってしまった後で、最新鋭の戦車を送ったところで、勝敗は覆らない。制空権を確保していない戦車部隊がどれだけ戦力になるというのか。そもそも、初めてのタイプの戦車だから、アタフタするだけで操縦や修理すらままならないのに。【読む・観る・ ... もっと読む

ジョー・バイデン大統領は、米国国内で政治的な立場が危うくなればなるほど、そして、刑事罰に問われる可能性が高まれば高まるほど、個人的な窮地を脱するために、万人が注目するような何か大きな事件 ーー 対ロシア戦争・世界大戦 ーー を起こす衝動に駆られるに違いない。 ... もっと読む

ファイザーは自社で変異株を創っていた。そしてその変異株に対するワクチンを開発していた?!果たして、ファイザーの悪事は暴かれるのか?果たして、ファイザーは正しく裁かれるのか?【読む・観る・理解を深める】➡【mRNAワクチンに関する最低限の科学知識①】行政評価監 ... もっと読む

ユーラシア大陸で発生した大渦から派生した De-dallorization の波は、ラテンアメリカを呑みこみ、アフリカ大陸に押し寄せている。国際市場における米ドルの覇権は危うい。早晩、ロシア中央銀行の預金を凍結・略奪したことを後悔するだろう。【読む・観る・理解を深める】➡ ... もっと読む

世界は「エスカレーションさせたい勢力」にやられてしまうのか? ドンドンやばい方向に進んでいるような気がする。西側にまっとうな外交ができる高官はいないのか? 戦争を毛嫌いする首脳はいないのか?和平を望むリーダーはいないのか?【読む・観る・理解を深める】➡【 ... もっと読む

もうひとつの世界大戦 ーー 国際通貨覇権をめぐる戦い ーー は、今年の夏から本格化していくだろう。【読む・観る・理解を深める】➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点①】 プーチンが仕掛ける「SWIFT 2.0」➡【今後のロシア経済を予測する際の留意点②】プーチンが仕 ... もっと読む

ジョー・バイデンは、内政問題で危機的に追い詰められているからこそ、ウクライナ紛争を世界大戦へとエスカレートさせることで、米国民の関心を外の問題に向けようとするだろう。極めて危ない状況だ。これもネオコンのシナリオなのかも。【読む・観る・理解を深める】➡【ウ ... もっと読む

いつの間にか、日本でウクライナ情勢を客観的に語ることのできる政治家は、森喜朗元総理だけになってしまった。悲しむべきことなのか、それとも「少なくとも1人はいた」と喜ぶべきなのか?ーー せっかく(これまでロシアと良好な関係を)積み立ててここまできているのに、こ ... もっと読む

ゼレンスキー政権は、汚職で腐敗しているカネの亡者だった。まあ、初めっから、わかっていたことではありますけれど・・・。こんな国を「民主主義の代表」として持ち上げてどうするの? ... もっと読む

Douglas MacGregor:重要な幹部の辞任が相次ぐゼレンスキー政権は末期症状を示し始めた。好戦的だったワシントンですら変調が散見される。バイデン政権は嘘をつき続けてきたが、真実は隠し切れない。広報担当だったウクライナ高官ですら「ウクライナ軍は勝てない」と言い始め ... もっと読む

ロシア軍の総攻撃が始まる前なのに、ウクライナ軍の敗色が濃厚になってきた。加えて、ゼレンスキー政権自体が辞任や粛清でガタガタになっている。それなのに、岸田首相は「サミットを開催する前にキエフに行く」という。本当に呆れ果てた。岸田首相にとっては、「地元広島で ... もっと読む

ロシアの「技術力」をバカにしている西側の評論家は多いが、「本当の技術力とは何か?」ということが全くわかっていない。例えば、日本の技術力が高いことは誰しも認めるだろうが、その日本は自力でジェット機を作れない。しかしロシアは、国産ジェットを製造している。それ ... もっと読む

ウクライナの大統領府顧問を辞任した Alexey Arestovich は「ウクライナが勝つのは Unlikely だ」と認めている。沈む船から逃げ出した?【読む・観る・理解を深める】➡【ウクライナ情勢を分析する際の留意点①】プーチンはなぜ侵攻に踏み切ったのか?➡【ウクライナ情勢を分 ... もっと読む

週刊新潮は、mRNAワクチンの事実を大々的に記事にし始め、週刊現代や女性誌も参戦する気配を醸しだしているが、週刊文春はファイザーに買収された感じ。CBC に続くテレビ局はなかなか出てこない。製薬会社のイメージ広告で溢れる CM を観れば、キー局がmRNAワクチンの問題に ... もっと読む

ウクライナ軍の敗色が濃厚になるにつれて、敗戦責任の押し付け合いが強まり、ロシア vs NATO の直接戦争に発展するリスクが高まっている。独のレオパードを送るか送らないかは、ウクライナの戦局に関係しないが、「敗戦責任の押し付け合い」という戦いでは有効に働く。西側は ... もっと読む

↑このページのトップヘ