コロナ・ワクチン・ウクライナと続いた、この3年間でハッキリしたことは、「米国の言うとおりにしていればなんとかなる」という根拠のない思い込みを捨てなければならないという当たり前の現実だった。










【読む・観る・理解を深める】
【国防を議論する上での留意点①】「のらりくらり外交」のススメ
【国防を議論する上での留意点②】「正邪」と「好悪」と「勝負」の峻別
【国防を議論する上での留意点③】「エマニュエル米国大使」の任務
【国防を議論する上での留意点④】「日本が参戦した」という事実
【国防を議論する上での留意点⑤】「護憲保守」というマイナーな考え方
【国防を議論する上での留意点⑥】NATO との距離を堅持すべき理由
【国防を議論する上での留意点⑦】自衛隊における米国からの独立
【国防を議論する上での留意点⑧】日本は「東のウクライナ」になる
【国防を議論する上での留意点⑨】自衛隊には撃つ弾薬が足りない
【国防を議論する上での留意点⑩】米軍は本当に「世界最強」なのか?
【ウクライナ情勢を分析する際の留意点①】プーチンはなぜ侵攻に踏み切ったのか?
【ウクライナ情勢を分析する際の留意点②】米国の思惑とウクライナの実情を知る
【ウクライナ情勢を分析する際の留意点③】ウクライナに駐在した元NATO将校の証言
【ウクライナ情勢を分析する際の留意点④】軍事専門家の分析と偏向報道を比べる
【ウクライナ情勢を分析する際の留意点⑤】戦争は2014年からずっと続いている