24-TwentyFour-《NEWS24》

偏向しているマスコミ報道の背後を、科学的な根拠を追求しながら、ジャック・バウワー捜査官のように深く鋭く掘り下げていきます。

当BLOGでは、マスコミに対抗できるだけの力を持つ良質の動画を探し出して紹介・拡散し、素晴らしいコンテンツを提供している youtubers の収益化を支援します(なお当BLOGは、収益化していません)。このため、掲載している動画は DL ではなく、URL を貼り付けただけなので、元動画が削除されてしまった場合は、当BLOGでも観れなくなります。お早めにご視聴下さい。

(ポトマック川を北上するクルーザーは、ワシントンD.C.のエリアに入ろうとしていた。ワシントンD.C.の正式名称は「コロンビア特別区」(District of Columbia)である。コロンビアは「コロンブスの地」という意味であり、クリストファー・コロンブスの名前に由来している。 ... もっと読む

下記もお読みください。「言論の自由」どころか、「事実」を公言すると職を失う。こんなアメリカ合衆国に未来はない。これは中国だ。SNSを批判しただけで、なんで休職しなくちゃいけないの? 米国は本当に中国かベネズエラになったんだねぇ。アメリカ合衆国は「自由の国」で ... もっと読む

トランプ大統領を裏切ったミッチーマコーネルは中国と財政的につながっていた【Total News】ブライトバートニュースの上級寄稿者であるピーターシュワイツァーは日曜日に、上院多数党首のミッチマコーネル(R-KY)と彼の妻イレーンチャオが中国共産党と財政的にどのように結 ... もっと読む

もっと読む

それにしても、先の先を読んでいやがる。こういうのを見せつけられると、オバマの狭量が目立っちまう。今回の大統領選挙でも、トランプが一向に敗北宣言をしようとしないことに、一番激高していたのはオバマだった。「トランプは民主主義を否定している。とても危険だ」と主 ... もっと読む

(確かに、習近平はナショナリストの資質を備えていた。「グローバルスタンダード」や「グローバライゼーション」よりも「チャイナファースト」を目指す指導者だと言ってよい。2020年に施行した「香港国家安全法」を見れば、そのことがよく分かる。香港の独立を求めた場合、 ... もっと読む

もっと読む

もっと読む

  ... もっと読む

(上下左右に激しく揺れ続ける車内で、舌を噛むことなく、バイデンは話し続けた。襲い掛かってくる恐怖を振り切る祈りのようなものだったかもしれない。・・・しかし、道なき道を突っ走るジャック・バウワーにはじっくりと聞いている余裕がなかった。バックミラーに敵が迫っ ... もっと読む

もっと読む

(天空の月は時折姿を見せていたが、今宵は隠れがちだった。雲の隙間から見えたと思えば、その次の瞬間には隠れてしまう。その微妙な塩梅は、ワシントンの政局を観るようでもあった。見通しが明るいかと思えば、意外に暗かったりする。その一方、お先真っ暗かと思っていたら ... もっと読む

もっと読む

もっと読む

(白いパジェロの行く手には、いまのところ敵の姿は見えなかった。ジャック・バウワーは、万が一の事態に備えて全神経を張り詰めたまま、暗闇の道を駆け抜けていく。ジャック・ダニエルの小瓶を空けてしまったジョー・バイデンは、手持ち無沙汰になってしまったようで、沈黙 ... もっと読む

もっと読む

(3人を乗せたクルーザーは、漆黒の闇の中、ポトマック川を上り、クロエ・オブライエンが待っているタイタニック・メモリアルへの旅路を急ぐ。饒舌になったジョー・バイデンは、まるでさっきの話がなかったかのように、陽気に話し続けた。)ちょっと言い忘れたが、さっき言っ ... もっと読む

もっと読む

(颯爽と駆け抜ける車の中で、落ち着きを取り戻したジョー・バイデンは、右手をポケットに突っ込み、おもむろにジャック・ダニエルの小瓶を出すと一気にあおった。やわらかいバーボンの香りがバウワーの鼻孔をくすぐる。カーナビがあてにならない山奥の道では、戦場や修羅場 ... もっと読む

ホワイトハウス 政権幹部らの退去作業進む トランプ氏も近くフロリダへ毎日新聞2021年1月16日 21時12分(最終更新 1月16日 21時12分)アメリカ中国北米速報アジア・オセアニア国際政治プレミアタイムライン引っ越しの荷物を搬出するため到着したトラック=米ワシントンで14日 ... もっと読む

↑このページのトップヘ